やさしさが基本診療
  • 1分で分かるピア動物病院
  • スタッフ紹介
  • アクセス・診療時間
  • オリジナルサービス
  • ピアの診療
  • 腫瘍の診療
  • ピアの手術
  • ピアの健康管理
  • オゾン療法・鍼灸治療
  • トップページへ
  • おすすめコンテンツ一覧
  • よくあるQ&A
  • シーズンニュース
  • 症例紹介
  • 初めて仔犬・子猫を迎えたら
  • しつけ教室
  • ピア瓦版
  • お知らせ
  • 患者様の声
  • 求人情報
  • リンク集
  • サイトマップ
  • フェイスブック
  • 診療カレンダー
  • ピアのブログ
  • お友達写真館
  • 季節のお知らせ①
  • 季節のお知らせ②
  • どうぶつの総合病院
  • アニコム動物保険
腫瘍の診療

ペットの死因の第1位はガンなのです。

ペットの死因の第1位はガンなのですペットのガンも高齢化や遺伝等の色々な要因により増加傾向にあり、今やペットの死因の1位となっています。
ペットのガン治療も人と同じように治療方法が多様になりましたが、100%根治すると言えない病気です。

ガンと腫瘍の違いって何?

腫瘍の悪いものが癌です!

腫瘍の悪いものが癌です!

イメージ的には腫瘍の中に癌が含まれている感じです。
腫瘍の中には良性の腫瘍もあります。(有名なのがイボです)
悪性腫瘍 = 癌

悪いって具体的にどういうことなの?

具体的には、生命の危機に直面することです。
悪い腫瘍(悪性腫瘍)は、高率に転移します。
肺や肝臓に転移をする場合が多く、最悪の場合脳にまで転移することもあるのです。転移をしてしまった場合は、治療は困難であり生命に関わるようになっていくのです。また再発も多く、手術を何回もしなくてはならない場合もあります。

良性の腫瘍は癌と違い転移はしないですし、再発もほとんどありません。良性の腫瘍といわれたならば安心しても良いということです
癌は大きさによって転移の可能性が変わるんだ。つまり大きいほうが転移している可能性が高いということなんだ。
だから早期発見、早期治療が大切なんだね。小さいうちに摘出できれば完治することも十分可能になるよ。ただ、お腹の中や頭の中など外側から見えない部位はレントゲンやCTなどの検査が必要になることがあるよ。
また、外科的に摘出できないタイプのものもあって、内科的な治療が必要なこともあるんだ。(白血病とか)もし必要な場合には、大学病院や小動物ガンセンターなど専門の機関に紹介させていただきます。

ガン治療のポイント

ガン治療のポイントは人と同じように、早期発見・早期治療です。特に動物は自覚症状を訴えることができないため飼主様自身に意識していただく必要があります。

健康に暮らしていても定期的な健康診断をお勧めします。
特に7歳以上(大型犬では6歳以上の)動物は年間2会場の受診をおすすめします。

月に1回腫瘍専門の先生に

ピア動物病院では、腫瘍専門の先生を月1回病院にお招きし、診療を行っていただいています。
デキモノ、しこり、ガン、白血病 などでご心配な飼い主様は是非ご相談ください。
原  寛 先生原  寛 先生
日本獣医ガン研究会獣医腫瘍科認定医


経歴 平成7年に麻布大学獣医学科を卒業
平成13年から20年まで麻布大学獣医学部附属動物病院、腫瘍科に所属。
現在全国の動物病院において腫瘍専門医として、また外科医あるいは講師として活躍中。

日時は、アクセス・診察時間案内にてお知らせ致します。
皆さんチェックして下さいね!

トップページへ