やさしさが基本診療
  • 1分で分かるピア動物病院
  • スタッフ紹介
  • アクセス・診療時間
  • オリジナルサービス
  • ピアの診療
  • 腫瘍の診療
  • ピアの手術
  • ピアの健康管理
  • オゾン療法・鍼灸治療
  • トップページへ
  • おすすめコンテンツ一覧
  • よくあるQ&A
  • シーズンニュース
  • 症例紹介
  • 初めて仔犬・子猫を迎えたら
  • しつけ教室
  • ピア瓦版
  • お知らせ
  • 患者様の声
  • 求人情報
  • リンク集
  • サイトマップ
  • フェイスブック
  • 診療カレンダー
  • ピアのブログ
  • お友達写真館
  • 季節のお知らせ①
  • 季節のお知らせ②
  • どうぶつの総合病院
  • アニコム動物保険
シーズンニュース

夏季の注意事項

 

 

熱中症

夏は気温が上がり熱中症にかかる子が増えてきます。特に暑い室内や車内に置きっぱなしにしたときにかかることが圧倒的に多いでしょう。対策としては、窓を開けるなど風通し良くすること、それができないときにはお部屋を出るときにもエアコンをつけておき、適切な室温にしておくこと、車内にワンちゃんを置きっぱなしにせず、必ず一緒に外に出ることが大事です。


老齢、肥満、短頭種(鼻がつぶれて見えるワンちゃん)が熱中症にかかりやすいといわれています。ご注意を!

散歩

夏の散歩は、ワンちゃんにとっては大変な事です。外気温の約10℃位地面の温度は上がります。熱中症になりやすく、パッドを痛める事にもなります。ですので炎天下での散歩は避けましょう。朝早く温度が上がる前、日が落ちて気温が下がってきてからの散歩を心掛けましょう。

皮膚病

猫に噛まれたり、ひっかかれたりした後に噛まれた部位の化膿、リンパ節が腫れる、頭痛、発熱などの症状が出ます。これはノミによって媒介されるバルトネラ・ヘンセレーという細菌によりおこります。ノミがこの細菌に感染している猫から他の猫へ移します。猫自体に何ら症状は出ないので、感染しているかはわかりません。猫ひっかき病というネーミングになっていますが、犬が感染源になるという報告もあります。ノミを確実に予防することにより、防げる病気です。
トップページへ