2015年10月03日

AAFP(全米猫獣医師協会) セミナー

今日からアメリカ(サンディエゴ)でのセミナーが始まりました。

 

猫専門のセミナーにかかわらずかなり多くの獣医師が参加していたので、猫の診察への関心の高さを感じました。その中でも、女性が多いのに驚きました。

日本とは違って,なんと朝7:30から会場が開き、朝食も昼食もセミナー会場に簡単なバイキング形式で用意されていたことがちょっと嬉しかった。

 

明日のセミナーも楽しみだ。

image

 

image   image

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ピア動物病院
http://www.pia-ahp.jp/
住所:〒333-0866 埼玉県川口市芝6990
TEL:048-268-7679
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年09月20日

『ネコに優しい病院』としてGold認定受賞!

ISFM・AAFP 掲示ポスターブログ

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ピア動物病院
http://www.pia-ahp.jp/
住所:〒333-0866 埼玉県川口市芝6990
TEL:048-268-7679
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年09月13日

ワン、猫ちゃん防災の準備はできていますか?

台風、集中豪雨、地震、噴火など自然災害が多発しています。

そんな自然災害に普段から備えておきたいものを、ご紹介いたします。

 

ワンちゃんネコちゃんの場合

①水、フード

②名札(ペット名、飼い主様の氏名、連絡先)

③薬、処方食

④ゲージ、キャリーケース(1頭につき1個)

⑤写真、ワクチン手帳

⑥その他(タオル、リードペットシーツ、新聞紙)

 

人の場合

①歯ブラシ

②衛生マスク

③コンタクトレンズ

④使い捨てカイロ

⑤常備薬

⑥(乳幼児、高齢の方)おむつ

⑦入れ歯(高齢の方)

⑧(乳幼児)哺乳瓶、粉ミルク

 

*避難所は水や乾パンなどの食料以外に毛布などは揃っています。

他人と共有できない物、他人が持っていない物を意識されてご用意することをお勧めします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ピア動物病院
http://www.pia-ahp.jp/
住所:〒333-0866 埼玉県川口市芝6990
TEL:048-268-7679
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年09月06日

ワンちゃん、猫ちゃんお灸でケア

ワンちゃん、猫ちゃんも人間同様、夏の疲れが出てくる頃です。

 

お家でできるケアとして

ワンちゃんネコちゃんにお灸してあげましょう。

お灸の仕方としては、棒状になっている棒灸がお勧めです。

 

皮膚から2~3cm離して、首筋から腰にむかいゆっくり回しながら温めてあげてください。

特に腰を中心にやっていただくと良いと思います。

時間的に余裕があるときに10分くらいかけてやってあげるのが効果的です。

 

詳しいやり方は病院にお尋ねくださいね。

 

当院では鍼灸治療も予約制で行っております。

image

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ピア動物病院
http://www.pia-ahp.jp/
住所:〒333-0866 埼玉県川口市芝6990
TEL:048-268-7679
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年08月26日

後ろ足の踏ん張り (便利グッズ)

ワンちゃんは年をとるってくると、後ろ足の踏ん張りが弱くなってきます。

後ろ足の筋力が低下してきて、お尻も小さくなります。

 

そんな時おススメのグッズがあります。

 

フローリングの床などは滑りやすく、高齢のわんちゃんが立ち上がるのは大変になってきます。

こんな靴を履くと足の裏が滑りにくくなっていて、踏ん張る助けとなります。床全体を変えるのは

難しいですが、これならわんちゃんに履かせるだけなので楽ですね。

 

また関節の痛み、麻痺などから片足を引きずって歩く子も、甲の部分が地面に当たるのを保護してもくれるものもあります。

 

それぞれ用途に分けて使ってみてください。

サイズも調節できるようになっています。

 

 

image    image

 

image image

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ピア動物病院
http://www.pia-ahp.jp/
住所:〒333-0866 埼玉県川口市芝6990
TEL:048-268-7679
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇