2019年05月26日

ズーノーシスにご注意ください!

■ズーノーシス(動物由来感染症)とは?■

 

動物(主にペット)から人に感染する病気の総称です!

 

“ペット感染症”と呼ばれ、ワンちゃんや猫ちゃんが原因で 人にも感染してしまいます。

ワンちゃんや猫ちゃんのもっている寄生虫や細菌が、 かまれたり、キスをしたりしたときに体内に入ってくることで 起こるものが多いです。

特にお子さんやご高齢の方がいるご家庭は注意してくださいね。

 

予防薬、駆虫薬でしっかり対策できます!!

1905月2019年ニュースレター(ノーマル)

予防薬にお悩みの方は、気軽にご相談下さい。

 

 

 

2019年01月26日

ちょっと気になる本♪

こんにちは、ピア動物病院です。

 

今日はちょっと気になる本のご紹介です。

 

ぬくぬく、ぽかぽか、あったかにゃんこ(Mac Marron著)

 

 

寒い冬、暖かくしているネコちゃんの写真に癒されてみませんか?

 

こたつに入ったネコちゃん、暖房の前でぐっすり寝ているネコちゃんなど、様々なネコ

ちゃんの姿が載っています。

 

 

見ているだけで、ほっこり温まり、癒されます♪。

 

 

ネコの本

 

 

 

 

2018年09月25日

自己管理力

 

自己管理力

最近は暑い日、寒い日が繰り返し体調を崩しやすい今日此の頃です。

人間は経験などから自己管理がしっかりできると、ある程度、体調を維持して行くことは可能です。お腹が弱い人、頭痛が出やすい人、アレルギー、喘息。自分で徴候がわかれば、予防や対策をして少しは軽くすることができます。

 

動物たちは飼い主様の観察、気づきがそれに当たります。人間の4倍のスピードで歳をとるワンちゃん猫ちゃんたちは、特に高齢になってくると気候の変化は体のストレスになります。

是非その子その子の苦手(弱い)ところに注意してみてあげ下さいね。

 

 

2018年09月20日

動物病院と小児科

 

先日、もと看護士さんだった方とお話をする機会がありました。

小児科と動物病院は似ていると、    

言いたいことが上手く伝わらない、 それを親御さん(飼い主さん)が普段と違う点から考えて症状を伝えていただき、病院側はそこから推測して治療を始めていく。

 

この過程がより明確に、速やかにできることが一番望ましいのですが、症例だけではなく、ワンちゃん猫ちゃんそれぞれの性格的なこと、飼い主様の観察力などから考慮し、より的確な治療を心掛けていこうと思います。

 

 

 

2018年09月16日

「動物の鍼灸治療」飼い主様へ

「動物の鍼灸治療」飼い主様へ

 

老齢になってきた際には腰の冷えが腰痛などに繋がるので腹巻やお灸(棒灸)などで冷えをとるようにしてあげて下さい。

冬はもちろんなのですが、夏もエアコンにより腰が冷えている子が少なくありません。

 

季節の変わり目も体調を崩しやすいです。次のようなサインにも気を付けて下さい。

  • 食欲がいつもよりない
  • 軟便
  • 何となく元気がない

時々吐く

 

お家でお腹や腰を温めたり、消化の良いものをあげたりしても治らない場合は鍼灸治療をおすすめします。