2019年07月06日

“くぅとしの ” 認知症の犬しのと介護猫くぅ

 

2019.07本紹介

 

 

本の紹介です

 

“くぅとしの ”   認知症の犬しのと介護猫くぅ(晴(はる) 著)

 

 

 

認知症の犬と、介護猫の種を越えた愛の物語です。

Instagramフォロワー数74,000! 大人気アカウント「ひだまり日和」が書籍になりました。

 

庭の犬小屋で暮らしていたしのは室内飼いの猫・くぅに気付かず、くぅの一方的な一目惚れから始まりました。

しのはある時期から認知症を発症し、日に日に症状が進行していきます。しのはせまい場所や家具のすき間に挟まるようになり、後ずさりもできなくなりました。

しのの認知症と老化が進むにつれて、くぅの介護技術も上達。寄りかかってくるしのを全身で支えながら歩いたり、止まって動けなくなったしのを、しっぽや頭で進

行方向へ誘導したり。まるで人間さながらの手厚い介護でしのをサポート。

(あらすじ引用)

 

 

この子たちのそんな毎日を知ってこの写真を見ると、愛おしく、癒されます♡

 

おススメの1冊です!